車庫証明×大阪申請代行センター-行政書士事務所-のご案内

自認書(保管場所使用権原疎明書面)の書き方と雛形の見本について

自認書(保管場所使用権原疎明書面)の書き方と文例の見本

自認書(保管場所使用権原疎明書面)は、保管場所が単独自己所有の土地・建物であることについて警察署に申告する書類です。
保管場所が他人の所有であったり、自分と親、子、その他親族等、他人との共有関係にある場合は、保管場所使用権原疎明書面ではなく、保管場所使用承諾証明書を使用します。

自認書(保管場所使用権原疎明書面)の書き方(文例)

普通車・軽自動車共通(クリックで拡大します。)
保管場所使用権原疎明書面の書き方(文例)を記載しています。

自認書(保管場所使用権原疎明書面)作成にあたっての注意点

自認書(保管場所使用権原疎明書面)を作成するにあたっての注意点を以下に記載します。

  1. 証明申請・届出欄
    普通車で、かつ、車庫証明の取得目的が自動車登録の場合は証明申請に○を、使用の本拠を変えず車庫のみを変えたことを届け出る場合は届出に○を、軽自動車は届出に○をしてください。
  2. 土地・建物欄
    土地、車庫(建物の1階を車庫にする場合も含みます。)が両方とも自己所有の場合は両方に○をします。
  3. 警察署欄
    保管場所を管轄する警察署名を書きます。
  4. 日付欄
    日付は車庫証明の申請手続きを行う提出日を記入します。
  5. 申請者欄
    住所・氏名を住民票に記載している通りに書きます。共有の場合は、共有者全員の保管場所使用承諾証明書を添付します。

車庫証明の書き方関連ページ

車庫証明申請代行サービス

つた行政書士法務事務所
大阪市大正区南恩加島6-8-8
営業時間:通常受付
月~土 9:00~20:00
24時間受付
TEL080-3823-4618
FAX06-6552-9777
info@syako-center.net

車庫証明(普通車)の手続

車庫証明(軽自動車)の手続

車庫証明書類の書き方

その他

車庫証明×大阪申請代行センターHOME » 車庫証明の書き方 » 自認書(保管場所使用権原疎明書面)の書き方と雛形の見本